安心してお金を借りよう!妻にバレずにできる簡単なキャッシングの方法

妻にバレずにお金を借りる方法

妻にバレずにお金を借りるには消費者金融カードローンでお金を借りるのがもっともおすすめです。

銀行カードローンの方が金利が低くて、バレないイメージがありますよね。
でも、妻にバレないためには消費者金融の方が安心して借りることができるんですよ。

実際に消費者金融と銀行のカードローンを比べてみましょう。

郵送物 〇   〇
通帳への記録 〇  ×
即日融資 〇  △
無利息期間 〇  ×

妻にバレずにお金を借りるには、銀行カードローンより消費者金融の方がバレませんし、早いんです。

借りる期間によって、金利が多少高くても、無利息期間を使えば安く借りることもできます。
ですから、長期間借りるのでなければ消費者金融カードローンで妻にお得にバレずにお金を借りることができますよ。

カードローンを選ぶ前にキャッシングがバレる原因と対策をチェックした上で、自分にあったカードローンを選びましょう。

妻にキャッシングがバレる原因と対策

原因1:自宅にかかってきた電話に妻が出る

自宅に電話がかかってくるのは次の2パターン。

・申込時の本人確認
・返済が遅れて連絡がつかない

カードローンに申し込むと、本人確認のために登録した電話番号へ電話がかかってきます。
自宅の固定電話を登録した場合、妻に電話を取られてバレてしまったなんてことになってしまいます。

登録した内容の確認があるため、電話はかならずかかってきます。

また、返済が遅れてしまった場合も、電話やメールで連絡がないと、連絡をとるために電話がかかってきます。

対策:固定電話は登録せず、携帯電話の番号を登録する

自宅に電話がかかってきて困る場合、固定電話ではなく、携帯電話の番号を登録すれば大丈夫。

自宅の電話番号は登録しなければ、かけようがありません。

本人確認の場合も、万が一返済の遅れて連絡しなかった場合も、携帯電話にかかってきますので、自宅への電話がかかってくる不安はなくなりますよ。

原因2:自宅への郵送物を見られる

自宅に届く郵送物は次の5つ。

・契約書
・ローンカード
・利用明細書
・キャンペーンなどの案内
・審査結果の通知

カードローンを借りたときに送られてくる郵送物は意外と多いです。
送られてくる書類はカードローン会社によって異なります。

郵送物が開けられなくても、封筒やハガキを見られたら、どこからの書類かわかるため、お金を借りたことがバレてしまいます。

対策:自宅へ郵送物が届かないようにする

自宅への郵送物が届かなければ妻にバレる心配はありません。

・契約書
自動契約機で直接受け取る
・ローンカード
自動契約機で直接受けとる
カードレスのカードローンを選ぶ
・利用明細書
自動契約機や提携ATMで直接お金を借りる
ネット明細の手続きする
・キャンペーンなどの案内
郵送なしの手続きする
・審査結果の通知
審査結果がハガキでこないカードローンを選ぶ

原因3:店舗に出入りしているところを見られる

申込みやお金を借りるときや返済のときにカードローン会社のお店に出入りしているところを見られてしまうことがあります。

自宅の近くや奥さんがよく行くような場所にある店舗を利用すると、偶然に見つかってしまうというケースはあります。
また、直接妻に見つからなくても、近所のひとや妻の友人に見られてバレることもあるんです。

対策:店舗に出入りせずに借りる

店舗に行かなくても来店不要でお金を借りることができます。
申込みからお金の借入、返済までWEBで手続きすることができるカードローンはあります。

また、来店が必要でも銀行なら出入りしているところを見られてもお金を借りるとバレることはありません。

原因4:通帳の履歴を見られる

通帳の履歴でお金を借りたことがバレることがあります。

バレずにお金を借りれたことでホッとして、通帳のことまで気が回らないのが普通です。
通帳を見られてしまったら言い逃れができません。

対策:記帳せずに借りる

通帳に記帳せずに借りるには口座に振り込んでもらうのではなく、直接お金を受け取る必要があります。

ローンカードを使えば、口座に振り込んでもらわずに済むので、通帳に記録が残りません。

ただし、ローンカードを発行してもらう必要があるため、カードの管理に気をつけること発行したカードを受け取るときに見られないように注意する必要があります。

原因5:督促状が届く

返済が遅れて、カードローン会社が返済がむずかしいと判断したら督促状が届きます。

督促状が送られて妻にバレることがあります。

期日に遅れてでも返済さえしていれば、督促状が届くことはありません。
返済がなく連絡もつかないと督促状を送られてしまいます。

対策:返済遅れを相談する

督促状が届かないようにするには返済を続けることしか解決方法がありません。

それでも返済がむずかしいという状況になってしまったら、カードローン会社に相談しましょう。
返済額や期日を変更してくれるかもしれません。

カードローン会社からの電話やメールなどの連絡を無視するようなことは即督促状につながります。

うっかり連絡するのを忘れることも気をつけましょう。
返済できるにも関わらず、うっかり連絡を忘れて自宅に督促状が届くなんてことになってしまいかねません。

原因6:住宅や車のローンを組むときに審査に落ちた

信用情報機関に返済遅れなどの履歴が載っていると住宅ローンや車のローンを組むときの審査に落ちてしまいます。

もちろん住宅や車のローンの審査に落ちた理由が信用情報機関にのってるだけではありません。

家や車などの高額なものになると、妻に相談しながらだったり、一緒にローンを組むことで、審査に落ちたことがきっかけでバレることもあります。

対策:信用情報に載らないようにする

当たり前ですが、信用情報にのらないようにしましょう。

また、信用情報機関のリストにのってしまった場合は延滞や債務整理で5年、自己破産で10年ブラックリストに名前が登録されます。

名前が登録されている期間を過ぎれば、再度ローンを組めるようになります。
過去に金融事故を起こしてしまった人はブラックリストに名前がないか確認しましょう。

妻にバレないキャッシングの手順

・スマホでWEBから申し込む
スマホだと時間や場所を選ばないので、忙しいあなたでも少しの時間で申込めます。

注意点は入力ミスすることです。
審査に落ちなくても、再確認のために時間がかかってしまいます。
入力した後には、入力ミスがないか確認しましょう。

・審査
最初から在籍確認を書類でできるカードローンの場合は書類を写真に撮って送ります。

電話が必要なカードローンは、スマホで申込んだら、すぐにカードローン会社へ電話して書類で在籍確認をしてもらえるように相談しましょう。

審査時間は早いカードローンで最短30分~1時間。
お急ぎの場合は、審査が終われば、借入まですぐなので、審査時間が短いカードローンを選びましょう。

・自動契約機で契約書やカードを受け取る
妻にバレずにお金を借りるには、契約書やローンカードなどの郵送の回避は必須です。
自動契約機で直接契約書やローンカードを受け取ります。

契約時に利用明細書などの郵送もしないように手続きをしておきましょう。

・お金を借りる
妻に口座を見られる危険がある場合は、ローンカードを利用して自動契約機やATMから直接お金を受け取ります。
もしくは、妻に見られる心配のない口座に振り込んでもらえば、バレることはありません。

口座を見られる心配がないなら、カードの発行をなくしてすぐにお持ちの口座へ振り込んでお金を受け取ることもできます。

カードローンによって対応が違うので、自分に合うカードローンかチェックしましょう。

妻にバレないカードローンの審査にとおる条件

審査に通るか心配というひとは次のチェック項目を確認しましょう。

☑安定した収入がある
少なくとも1年以上の勤務実績がある
☑他社の借入と希望額の総額が100万円以下で借入総額が年収の1/3以下
初めて借りるなら希望借入額は30万円以下
☑過去に金融事故を起こしていない
債務整理、返済遅れなどを過去5年以内にしていない
☑同時に複数の申し込みをしない
4社以上に同時に申し込むと審査に落ちます。

妻にバレずにお金を借りるとき必要書類

審査で必要な書類は主に2つ。

・運転免許証
・収入証明書

運転免許証は本人が確認できれば、他のものでも大丈夫です。
例えばパスポートなど。
カードローンによって変わりますので、申し込みの際に確認しましょう。

収入証明書は買い入れ額が50万円を超えると、審査に必要になります。
また、希望借入額だけでなく、審査によって収入証明書を求められることもあります。

妻にバレずに借りれるカードローンの選ぶ3つのポイント

■郵送物なし・カード発行なし
夫にバレないためには、書類やカードを見られないようにしなければいけません。
カード発行なしで郵送物もなしにできるものを選べば、返済を滞らせない限りバレることはありません。

■審査が早い
お急ぎの場合は、審査が早く、融資時間まで早いカードローンを選びましょう。
審査待ちのイライラや不安を最小限に抑えられ、間に合わないという最悪の事態を防げます。

■無利息期間あり
無利息期間があれば、お得に借りることもできます。
期間内に完済すれば、手数料ゼロで借りることも。